肌に良い成分

スキンケア

入っているものを確認する

ビタミンCは、抗酸化作用や美白効果にすぐれた成分として知られていますが、こわれやすく不安定だと言われています。そのため、化粧品に配合されていてもその効果を充分に発揮できないとされていました。皮膚に塗っても浸透力が弱いのでなかなかなじまなかったそうです。それを解消するためにビタミンCは誘導体化されました。こうしてできたビタミンC誘導体は浸透力が高くなり、浸透してからビタミンCに変化するという特徴を持っています。ビタミンC誘導体には新陳代謝を促して肌をなめらかにする作用、肌の皮脂分をコントロールする作用などがあります。また、できてしまったメラニンを還元して色素沈着を防ぐ作用などもあるなど様々な美容効果を持っています。加えてシミやシワ、肌のたるみ、ニキビやそばかすなどの肌トラブルにも対応することができます。引き締め効果もあるので、うまく使えばアンチエイジングケアとしての利用もできると言われています。ビタミンC誘導体は肌にとってはとてもうれしい成分ですが、使用するときには少し注意必要になります。ビタミンC誘導体の配合された化粧品を使用すると皮脂量が減り、肌が乾燥気味になってしまいます。そのため、乾燥肌に人はよけいに肌が乾燥してしまうため、刺激に敏感になってしまう人もいるようです。ですから、使用する場合には保湿成分を補うことを忘れないようにしましょう。ビタミンC誘導体を配合した化粧品を選ぶときには、その配合量のチェックが必要です。ビタミンC誘導体は水様性と油性のものがありますが、水溶性はその濃度が1%以下のもの、水溶性、油性の両方が配合されているものは、濃度が3パーセントから5%程度のものを選ぶ必要があります。また、イソフラボンなど質のよい美容成分も配合されたものを選んだほうが良いとされているので、配合成分のチェックはおこたらないようにしましょう。

美容クリーム

費用的にもお得です

肌トラブルに悩んだ際は、幹細胞化粧品を活用してみましょう。幹細胞化粧品を使用することで、肌のシワやシミを緩和することができます。また、保湿効果を持っている成分も入っているため使ってみてはいかがでしょうか。

肌ケア用品

しっとり肌になろう

しっとり肌を手に入れるには、化粧水の使い方を見直すとよいでしょう。まずしっかりとした洗顔で保湿成分が浸みこみやすい肌を作ります。その後、温かい手に取った化粧水を顔全体にやさしくパッティングし、肌がもちもちとしてきたところで乳液等を使えば、水分蒸発を防ぎ保湿効果を高めます。

化粧水

正しい洗い方を知って実践

敏感肌であっても朝洗顔は必要です。肌のうるおいまで奪ってしまわないよう、洗顔料は使わずぬるま湯のみで優しく洗ってあげると良いでしょう。オイリーになりがちという方は拭き取り化粧水も併用することで、皮脂の分泌を抑えつつも乾燥を防ぐことができます。