しっとり肌になろう

肌ケア用品

保湿効果をうたっている化粧水をいくら使っても、なかなか乾燥肌が改善されないと言う方はいらっしゃいませんか。そんな方はぜひ一度、基本の化粧水の使い方を見直してみるとよいでしょう。まずは保湿成分をしみこませやすい肌を作ります。そのためにはしっかりとした洗顔が大事です。とはいってもごしごし洗うのでは肌を傷めてしまうだけなので、まずはぬるま湯で肌を柔らかくし、その後しっかりと立てた泡でやさしく洗います。洗い終わったら泡を洗い流しますが、ここで十二分に洗い流すことが大切です。汚れや泡が残っていては意味がありません。更にその後、蒸しタオルなどを顔にあてると化粧水の浸透率がより高まり、保湿効果もより期待できます。洗顔が終わったらここで化粧水です。化粧水もひと肌の温度の方がより浸透しやすいので、ぬるま湯等で温めた手に適量をとった後、両手で軽く伸ばし、顔全体を包み込むようにパッティングします。強すぎず弱すぎず、浸透するようにやさしく抑えるとよいでしょう。目の脇や口周りなど、普段乾燥が気になる部分は指で重ね付けするのもよいです。化粧水が終わったら乳液などをつけますが、この時、化粧水が肌になじんでいるかどうかが重要です。肌に浸透させようとしている保湿成分が肌の上で液体としてある状態で乳液を塗っても効果がありません。もちろん完全に乾いてしまってもよくないので、肌を触れるともちもちとした状態になったところで乳液やクリームを塗るようにします。これで肌から水分が蒸発するのを防ぎ、保湿効果が高まります。