正しい洗い方を知って実践

化粧水

肌タイプに合ったケアを

敏感肌に悩んでいるという方の中には、朝は全く洗顔しないという方も居るのではないでしょうか。確かに刺激がトラブルのもととなってしまう敏感肌の場合、洗顔料で頻繁に洗ったり、ゴシゴシと強く擦るのはお肌にとってあまりよくありません。しかしその一方で、皮脂や汚れが残ったままにしておくのも問題です。その状態で化粧をすると毛穴が詰まってしまいます。そうなると化粧水や保湿液も浸透していかなくなるため、バリアを作って肌を保護してあげることもできません。敏感肌であっても朝の洗顔は必要です。ただし同じ敏感肌でも乾燥しがちなのかオイリーになりがちなのかによって、正しい洗顔方法は異なります。まず乾燥が気になるという場合には、ぬるま湯で寝ている間に付着したほこりや汗を優しく洗い流すようにすると良いでしょう。ただでさえ不足しがちな油分や水分まで落としてしまうため、洗顔料の使用は避けるのが賢明です。洗顔終了後は新しいタオルでそっとおさえるようにして水分を取り、素早く化粧水で保湿するようにしましょう。オイリーになりがちな肌に対しては、ぬるま湯洗顔にプラスしてふき取りタイプの化粧水を使うのがおすすめです。余分な油分だけを拭き取ることで、その後の保湿が角質層まで行き渡るようになります。毛穴の詰まりが気になる時には洗顔料を使用しても構いませんが、乾燥により一層皮脂が過剰に分泌されるのを防ぐ意味でも、毎日使うのは避けてください。いずれの場合も朝洗顔での洗いすぎは禁物です。正しくケアしてゆらぎがちな肌を守ってあげましょう。