費用的にもお得です

美容クリーム

細胞レベルで活性化します

幹細胞化粧品は、肌のハリや弾力を高める効果があるとされ、近年大変注目を集めています。幹細胞とは、新しい細胞を作りだすもととなるもので、再生医療や美容面でも応用されているものです。幹細胞には表皮幹細胞と真皮幹細胞とがあり、私たちの全身に存在していますが、加齢とともに減少していきます。減少すると肌のターンオーバーの周期が乱れ、シワやシミなど肌の老化につながってしまいます。よって肝細胞を化粧品として使用することによって、肌が活性化しアンチエイジングにつながるのです。幹細胞化粧品は、幹細胞を培養した分泌液を配合したものです。その原料によって、ヒト由来と動物由来、植物由来の3つの種類に分けられます。ヒト由来は、ヒト脂肪やヒト繊維芽細胞を原料としているものです。希少でもあり一番効果も高いとされていて、3種類の中で最も高価となっています。動物由来は羊のプラセンタなどが原料となっていますが、日本ではポピュラーではないようです。植物由来はアルガンやリンゴなどが原料で、費用も比較的安いこともあり、3つの中では最も利用されています。安全性も高く、抗酸化作用や保湿効果も優れています。幹細胞化粧品は、細胞レベルで作用するように作られているので、内面からの美しさを引き出してくれます。肌の老化に伴い、表面からケアしようとすると、高級なスキンケア商品や、シミなどを隠す下地など多くの化粧品が必要となってきます。しかし、幹細胞化粧品で内面からの美しさを実現できれば、それだけで肌の若返りが可能で、費用的にもメリットがあるといえるのです。